HatsugenToday

東谷暁による「事件」に対する解釈論

コロナの「集団免疫」神話よさようなら;しかし、新しい救世主はまだいない

希望を支えていた神話が崩壊すると、こんどは新しい神話や新説にすがりつきたくなる。それは人間の当然の性向で、とくに注目すべき現象ではないが、なかにはちょっと気をつけたほうがいいと思われるものもある。たとえば、コロナ禍について盛んにいわれた「…

中国が急激に路線を変更した!;平等よりもパイを大きくするのが最優先に

中国が政策を大きく転換しようとしている。これまで行ってきた「共同富裕」に基づく財界への圧力を緩和し、経済成長を最優先に押し出し、コロナ禍による危機状態を脱却しようと考えているようだ。習近平は、1月17日に開催された、オンラインでの世界経済…

オミクロン専用ワクチンを巡る闘い;「できたときには流行は終わっている」のか?

すでに製薬メーカーが開発中のオミクロン専用ワクチンに、アメリカの保健当局が待ったをかけている。専用ワクチンは必要ないというわけである。これが果たして純粋に医学的および免疫学的な議論と言えるのかを含めて、論争に発展しつつある。 ウォールストリ…

米国のインフレ率が7%に!;これまでの金融政策をざっと振り返ってみよう

アメリカの昨年12月消費者物価指数が、予想されていたとはいえ、年率7%に達して世界は衝撃を受けている。コアCPIも5.4%となり、経済メディアは1982年以来の高さだというので、当時のポール・ボルカーFRB議長のインフレ抑制策を回想してい…

第3回目の接種はオミクロンに有効か;ロンドンとニューヨークの比較から考える

今日(1月11日)の朝、岸田首相は3月から一般の人に対する3回目のコロナワクチン接種の「前倒し」をして開始すると表明した。追加確保したモデルナ1800万人分を使うのだそうである。しかし、これが世界的にみれば「前倒し」といえないことは明らか…

スウェーデン国王夫妻がコロナに感染;この国のパンデミック対策を改めて見直す

スウェーデン国王夫妻が新型コロナに感染したと、1月4日付のニューヨーク・タイムズが報じた。もちろん、世界のマスコミは同日すぐに報道したが、不思議なことに日本ではあまり注目されなかったのか、目立ったかたちではニュースにならなかった。次はニュ…

恒大集団のリゾート島計画も破綻した;いよいよ中国不動産バブル崩壊は核心へ

資金繰りで苦しむ恒大集団のリゾート地計画が事実上破綻した。1月4日、同社は、海南島で進めてきたリゾート施設「オーシャン・フラワー・アイランド(海花島)」をめぐり、地元当局から39棟の建物の撤去を命じられたことを公表した。この海花島はドバイ…