HatsugenToday

東谷暁による「事件」に対する解釈論

中国政府の「訂正」がもつインパクト;激変する新型肺炎のピークと終息の予測

中国政府が2月14日0時に発表した、新型コロナウィルス肺炎への感染者数および死者数の訂正は、これまでの発表が信用できないものと分かると同時に、新型肺炎の感染力や致死率についての見直しを促すものだった。そしてさらには、これまで不確実な情報か…

新型肺炎で死なないための最後の砦;中国もアメリカも封じ込めていない

新型コロナウィルス肺炎による死者が確認され、世界中を恐怖の渦に放り込んでから、すでに1カ月が過ぎようとしている。この間、明らかになったのは2003年のSARSに比べれば致死率(感染者の死亡率)が低いということと、日本の最終的な防御力は現在…

新型コロナウィルスの何が怖いのか;パニック防止がパニックを生む

いまも新型コロナウィルスが引き起こす肺炎が、中国だけでなく世界をも揺るがしていることは間違いない。しかし、人々の心を動揺させているのは、ウィルスだけではない。まさに新型コロナウィルス肺炎の流行を阻止すべき人たちの「不確実」な発言もまた、世…

アメリカとイランの戦線は拡大する;米イ戦争シミュレーションで予測

アメリカのソレイマニ司令官暗殺に対して、イラク側の報復が行なわれたが、これから両国はどのような事態を迎えるのだろうか。こうしてワープロを打っているうちにも、状況は急変してしまうかもしれない。しかし、これからの推移を予言できないにしても、何…

米国はイランと戦争するのか;論じられない2つのファクター

トランプ大統領のソレイマニ司令官暗殺に対して、イランのイスラム革命防衛隊がイラクの米軍のアル・アサド基地を攻撃して、本格的な戦争への予感が世界を覆っている。すでにイラクはこの攻撃がアメリカへの「報復」であることを表明している。1月8日の東…

和牛の輸出を2倍にすると安倍首相がいってる;いったい誰がその和牛を生産するんだ?

安倍政権は12月10日、2018年に14.9万トンだった和牛の生産量を、35年度には30万トンに倍増する計画だという。例によって数字上の辻褄合わせで、ご都合主義的なお話なのだが、そもそも肉用牛飼育の農家が激減しているなかで、いったいどうや…

和牛の精子と卵を守るそうだ;でも飼育する農家は激減している

農林水産省は和牛の海外への流出を防ぐため、交配に使われる精液や受精卵の転売などを規制する方針だという(日本経済新聞12月8日朝刊)。ちょっと遅すぎると思うが、何もしないよりはいい。しかし、他にも、もっとやるべきことがあるのではないのか。ア…